*

なんでだろう?Kindle Paperwhiteを持ち歩かなくなった3つの理由

公開日: : 最終更新日:2014/05/03 kindle

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。

昨年秋、登場と同時にKindle Paperwhiteを購入してしばらくは頻繁に使用していました。でも、最近はほとんど持ち歩かない状態に。

Kindle Paperwhite


自分でもその存在を忘れていたぐらい使っていません。なんでだろう・・・ということで、持ち歩かなくなったのか理由を考えてみました。

1.アプリを使えば、スマートフォン/タブレットで閲覧可能

Amazonからは、iPhone、iPad、Android端末でもKindle電子書籍を読めるよう、対応アプリが用意されています。

このアプリを使えば、Kindle Paperwhiteがなくても、電子書籍を読めちゃいます。ぼくの場合、外出時にはiPhoneを必ず持ち歩きます。なのでiPhone向けアプリを使えばKindle本を読めてしまいます。iPhoneだと液晶が小さいのでちょっと見づらくなりますが、文字を拡大できるので、それほどイライラすることなく読書することが可能です。

Kindle Paperwhiteを持って行くとなると、iPhoneに加えてKindle Paperwhiteも持ち運ぶことなります。確実に重くなるので、「まあ、いいか」といっているうちに、いつからか持ち歩かなくなりました。

2.切替時に画面が一瞬白くなったりして見やすさがイマイチ

Kindle Paperwhiteで書籍を読む際、ページをめくるときに一瞬画面が白くなります。個人的にはこの動作がどうも好きになれません。読書に集中しているときに、画面が白くなると、気をそがれる感じがします。また液晶の精細感がそれほど高くないので、文中の表やイラストの文字が小さいと読みづらいことがあります。これもイライラする原因となります。

3.専用端末なので他のことができない

Kindle Paperwhiteは電子書籍リーダーであり、他の機能は有していません。つまり、メールやSNS、Web閲覧は実行できないということです。この点でも、多様なアプリを使えるスマホに軍配が上がります。

***************************
以上、Kindle Paperwhiteを持ち歩かなくなった理由を挙げてみました。

やはり、汎用性という点ではスマホの方が圧倒的に勝っています。「1位はアマゾン、電子書籍端末普及は頭打ち?」(ascii.jp)にも書かれているとおり、タブレットやスマホの普及に伴い、その利便性の高さから、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍端末の売れ行きが頭打ちとなりそうです。通勤時間やちょっとした合間に読書する程度なら、スマホのKindleアプリで十分だと思います。

ただKindle Paperwhiteが威力を発揮する場面も当然あります。出先でたくさんの書籍を読みたい、長時間読書するので目に優しい液晶の方がいいという人にはKindle Paperwhiteがお勧めです。用途に応じて使い分けるといいでしょうね。

関連記事

【Kindle Paperwhiteレビュー】Kindle Paperwhiteが届いたので初期設定しました!

こんにちは、ciao!tonです。 昨日、Amazonから「Kindle Paperwhiteを発

記事を読む

Kindle Paperwhiteを電車の中で使ってみた!軽くて片手でも簡単に操作できて便利!

こんにちは、ciao!tonです。 購入したばかりのKindleを電車内に持ち込んで使ってみました

記事を読む

プロブロガーが執筆した沖縄旅行記のKidndle本が面白い!今後はこうした電子書籍ありかも!

ツイッターを眺めていたら、プロブロガーの五藤隆介氏がKindle本を執筆したとのこと。

記事を読む

電子書籍のメリット・デメリットとは?

こんにちは、ciao!ton(チャオトン)です。 Kindleも発売になり、いよいよ電子書籍の

記事を読む

新しいKindle Paperwhite発表!性能はアップしてるし、値引きをカウントすれば実質的に価格も据え置きだけど、今回は買わないかも・・・

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。 新しいKindle Paperwhi

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑