*

宮崎駿監督の「風立ちぬ」を見てイマイチ消化不良だった人におすすめ!Kindle本「岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る」

公開日: : 最終更新日:2014/05/03 レビュー

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。

先日「風立ちぬ」を見て、宮崎監督が自分の好きなように作った作品だ、という感想をアップしたのですが、それはあくまで自分の勝手な解釈で、他の専門家の方がどんな風にこの映画をとらえているのか、すごく興味がありました。

で、Amazon内をうろうろしているとき、おすすめに「岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る」というのが表示されているのに気づきました。

岡田斗司夫氏といえば、エヴァを制作しているガイナックスの元社長。アニメに対する造詣が深い上、「風立ちぬ」の主人公堀越二郎の声優に抜擢されている庵野氏もよく知る人物なだけに、「風立ちぬ」について語るにはうってつけの人物です。

レビューを見たところ、11人中9人が星5つ、2人が星2つと皆が高評価。しかもKindle本ということで価格が99円に設定されていたので早速ダウンロードして読んでみました。

岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る


宮崎駿監督の最高傑作です。僕は、まさかここまでやれるとは正直思いませんでした。

・この映画は、薄情者の恋愛の話なんです。

・庵野君が演じる二郎君は、限りなく演技ができていなくて棒読みに近いんだけども、それを演技の上手い人の中に混ぜることによって、二郎君の人情がすごく薄くて、一生懸命人間のふりをしている、非人間的な天才の存在感というのが、成立していたので面白かったですね。

・宮崎駿監督はよくこんなに残酷で美しい話を作ったなと、こう言うと「そんなにひどい話なのか?」とみんな聞こえると思うんです。でも映画館で見たら綺麗だったでしょう?感動したでしょ?僕らは残酷で綺麗な者に感動するんですね。

・どんな状況になっても二郎君は、一貫して美しいものしか見ていないのに、菜穂子さんはこれを徹底的に肯定しているんですね。

・二郎君のそういったシーンでは、必ず庶民が隣で歩いているところを必ず描いているんですね。(中略)金持ちの家に生まれて学習院大学に行った宮崎駿監督の本音はやっぱりそこなんだ!ということがわかって、この映画のリアリティがすごいなと思いましたね。

・ずっと五郎君(駿監督の息子)は子供の頃からお母さん、つまり宮崎駿の奥さんに「あなたはお父さんの様になってはいけない、あの人は何一つ人間らしいこと、父親らしいことをあなたにしてくれなかった。あの人はそんな人だから、あなたはそんなアニメ屋になっちゃいけない。映画屋になっちゃいけない。そんな人間になっちゃいけない」と言われてたんですね。

***************************************

映画を見て消化不良だった人も、この本を読めば、「なるほどそうだったのか」と腑に落ちるシーンも多いと思います。これまでの作品に比べて、宮崎監督自身の想いがストレートに描写されている感じです。

キーワードは薄情/綺麗/残酷。薄情な天才技術者(宮崎駿氏自身の投影?)が美しいものだけに目を向け、その結果起こりうる残酷なことからは目を背け、ひたすら美しいものだけに没頭することで、最終的には破滅の道をたどる話だということです。

本書はそれほど長文ではなく、30分もあれば読み終えることのできる分量です。Kindle本なので99円で手にすることができ、すぐに読み始められるので、「風立ちぬ」をより深く理解したい人にお勧めです。

関連記事

[映画レビュー]6つの異なる時代に生きる人々の姿を描いたクラウドアトラスを見てきました

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。 トムハンクス主演の映画クラウドアトラ

記事を読む

ちきりんさんの「自分のアタマで考えよう」を読んで、これからは自分で思考しようと強く思った

「自分のアタマで考えよう」。言葉にすれば簡単ですが、実際やってみるとなかなか難しいですよ

記事を読む

[映画レビュー]封切りされたばかりの「フライト」を見てきました。予告を見てサスペンスなのかなと思ってたんだけど・・・

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。 公開初日に映画「フライト」を見てきま

記事を読む

ビジネスで成功を収めるためのヒントを探しているのならお勧めしたいホリエモンの著作

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。 ホリエモンが凄いな、と思うのはアイデ

記事を読む

人気ブログを作り上げるとはこういうことなんだね:『「Chikirinの日記」の育て方』

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。 「Chikirinの日記」とは、月間

記事を読む

眼鏡の上から使えるAXEオーバーサングラス(SG605P)を購入したらすごく快適で手放せなくなった!

眼鏡をかけていても、外で運動したいときとか、周りがまぶしいときにはサングラスを使いたいですよね。ぼく

記事を読む

[映画レビュー]ゼロ・ダーク・サーティは結末がわかっているのに最後まで目が離せない!

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。 話題となっている映画、ゼロ・ダーク・

記事を読む

「生まれによる階級がなくても、才能による格差は存在する 」

為末大氏の「諦める力」が素晴らしかったので、ご紹介します。 タイトルの言葉、どきっとし

記事を読む

【映画レビュー】「風立ちぬ」を見てきた!宮崎駿監督の思いがこもった力作になっていますが、下調べしてから見に行くことをオススメします。

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。 封切りされたばかりの「風立ちぬ」を見

記事を読む

心にグサグサ突き刺さる言葉をたくさん見つけた~『ゼロ』by堀江貴文

こんにちは、ciao!ton(@tonton67)です。 堀江貴文氏の「ゼロ」。発売前からネッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑